手と歯

インプラントによる歯の補綴の有効性と効果

目立たない矯正治療

インビザライン

インビザラインとは、矯正治療の際に用いるマウスピースのことです。目立たない矯正治療ということで人気が高く、日本のみならず世界中で活用されている矯正治療方法です。

もっと読む

プラークコントロール

歯型

虫歯や歯周病を予防するためには歯磨きや定期検診によるプラークコントロールが大事です。越谷市にある歯医者さんでは虫歯や歯周病予防のために様々なアドバイスや治療を行ってくれます。

もっと読む

歯をなくした場合の対処方

インプラント

現在、歯の補綴物の中で最も本物の歯に近い使い勝手を再現しているのは、インプラントです。インプラントとは、手術によって顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に義歯をかぶせる治療方法のことを意味します。入れ歯や差し歯といった従来の補綴物との違いは、噛みやすさです。入れ歯や差し歯は顎の骨で支えていないため、噛む力が伝わりにくかったり、義歯がズレて痛みが生じるといったリスクが発生します。しかし、インプラントならば噛む力を伝えやすく、他の歯に負担を与えること無く装着できるので、かつて失った歯と遜色ない働きをしてくれるのです。
しかし、注意点としては顎の骨が薄かったり、歯周病によって歯槽骨や歯肉にダメージが有る場合は手術をうけることができないため、健康的な口腔内でなければならないという条件があります。そのため、歯科医院では入念な審査やチェックをし、口腔内が正常であるかどうかの確認をしてから治療を始めることになります。また、治療は二段階あり、顎の骨に人工歯根を埋め込む第一段階、歯肉と人工歯根が定着してから義歯をかぶせる第二段階に分けて治療を行います。そのため、治療には少々時間がかかるため、入れ歯や差し歯とは違い少々時間がかかるという注意点があります。
横浜はこのようなインプラント治療を行っている歯科医師の数が増えています。中には専門で治療を行っている医院もあり、有名な歯科医院は横浜のみならず、横浜付近からも通院してくる人がいます。

負担の少ない治療

医療器具

現在の歯科医療は歯や人になるべく負担をかけない治療が行われています。削る箇所や削る時の痛みは最小限に抑えた治療が現在の主流です。兵庫県でもそういった治療を行う歯医者さんは多いです。

もっと読む